新幹線殺傷事件ツイッターコメントは死刑容認や税金の無駄遣いへの怒りと判決への不信やあきらめ

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

昨年6月に、東海道新幹線車内で

乗客を殺傷した小島一朗被告(23)に、

求刑どおりの無期懲役の判決が

言い渡されました。

「一生刑務所に入りたいから」という

前代未聞の動機に対し、判決は

その言い分どおりになったわけで、

これを聞いた小島一朗被告は、

「控訴はしません。バンザイ三唱します」

と両手を挙げてバンザイを叫ぶ、

異常な裁判でした。

これに対し、さまざまなコメントが

ネット上に上がっています。

スポンサードリンク

有名人のコメント

さすがに憤りを抑えられないと

ばかりに、多くの有名人も

コメントを出しています。

デヴィ夫人は、自身の

ツイッターで判決に言及。

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

他の多くのコメントと同様、

「こんな人間を自分たちの

税金で養うのか」という怒りを

表明しています。

また、カンニング竹山さんは、

(出典 : https://hochi.news)

「あくまでも個人的な考えですけど、横浜地裁のプロの裁判官の人たちは間違った判断をしたと思います。非常にレベルの低い判決をやったと僕は、個人的には思います」

と、裁判のありかたについて

厳しく言及しています。

同様に、安藤優子キャスター

番組内で思わず絶句。

(出典 : https://hochi.news)

「びっくりしたんですが…バンザイ三唱してのけた…」

「人の命を奪ったことについてまったく言及がない。自分が犯した行為に対して何の気づきもないことに対しても、私はもう少し厳しく罰するべきだと思う」

と、小島一朗被告への驚きとともに、

厳罰化を訴えました。

ツイッターの反応

事件と判決について、ツイッターでも

多くの意見がありますが、

ざっと分けると、

大きく3つの傾向がありました。

死刑容認

小島一朗被告の犯行は通り魔

殺人であり、被害者には

何の落ち度もなかったことが、

怒りと恐怖を呼び、死刑容認論を

作っていると思います。

こうした犯行には回避する方法が

ありません。

しかも、いつ自分が被害者になっても

おかしくないという状況は、

人間にとって大きな脅威であり、

犯人の排除=死刑容認へとつながる

のだと思います。

スポンサードリンク

税金の無駄遣い

死刑論以上に多かったのが、この

「税金で殺人犯を養う」

ことへの拒否感でした。

社会の安全のためのコストと

いえばそれまでですが、まっとうに

働き、納税している自分たちの

血税が、狂気の殺人犯を生かす

ために使われるのは許せない

という意見が多かったです。

スポンサードリンク

司法への怒りとあきらめ

今回の裁判の判決は、

「一生刑務所にいたい」という

小島一朗被告の「望み」を

かなえる形になったことで、

司法への疑問や怒りが大きく

なったのも、特徴でしょう。

加害者の望みがかなうだけで、

被害者への救済がないという

ことに、不条理を感じるのは

当然だと思います。

スポンサードリンク

日本社会の現実

上記のような傾向のコメントが

多かった中で、これらを俯瞰する、

示唆に富んだコメントもありました。

ブラック企業やサービス残業が

まかりとおるような環境で

働き続け、未来に明るい展望を

持てない、自分が生きることに

手いっぱいで、他人に配慮する

余裕のない人が増えていることが、

今回の判決に対する怒りを生んで

いるのではないでしょうか。

自分は汗水たらして働きづめの

中から税金を取られているのに、

社会の役に何ら立つことのない

こんなヤツのために使われる

という憤り

自分は苦しいながらも必死に

耐えて、毎日をどうにか

まっとうに生きているのに、

人を無差別に殺した男が

万歳三唱するような判決を

むざむざ与えてしまう司法

への怒りと不信

無差別殺人という犯罪と、

無期懲役という判決が、

くしくもこの日本社会の

ギリギリに切羽詰まった

生きづらさをあらわにした、

という意見に同意しました。

以上、新幹線殺傷事件の

判決に対するコメントと

その考察でした。

ではでは。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする