台風で窓ガラスが割れた!どうなる?どうする?対処法で家を守る

(出典 : https://weathernews.jp)

台風19号が接近中ですが、

東海、関東で500mm超の

大雨の予想が出ています。

前回甚大な被害の出た

台風15号の風力は、

最大瞬間風速60メートル

「猛烈な風」でした。

この「猛烈な風」というのが

どういうものかというと、

「特急電車並みの速さで、

屋外での行動が極めて

危険なレベル」

だそうです。

今回も窓ガラスが割れるほどの

風力が起きる可能性は高いですし、

風に飛ばされた物で窓ガラスが

割れるかもしれません。

もし、台風で窓ガラスが

割れてしまったら、

どうすればいいのか、

調べてみました。

窓ガラスは本当に突然割れる!

雨戸のない窓ガラスは、中に

ワイヤーの入った頑丈なもの

でも割れる可能性があります。

そして窓が割れると、ガラス片が

一気に飛び散って大変危険です。

すぐにいったんその部屋から

避難してください。

(出典 : https://dailyportalz.jp)

窓から猛烈な風とともに

雨が吹き込み、ありとあらゆる

ものが飛ばされます。

割れたガラスも部屋中に

どんどん散らばります。

まずは靴を履く

ガラスが床に飛散すると危険です。

なので靴を履いてから

部屋に戻ります

割れた窓とは反対側の窓やドアを少し開ける!

そして、重要なのが、

割れた窓とは反対側の

窓やドアを少し開けることです。

そうしないと、窓から入る

風の風圧で屋根が吹き上がって

しまうからだそうです。

風の逃げ道を作りましょう。

ブルーシートを張るときは穴を

もし、ブルーシートのような

ものがあれば、窓をふさぐ

ことができます。

しかし、ここでも重要な点は、

密閉しないこと

密閉するとあっという間に

風に飛ばされるので、

ブルーシートにはあえて

をもうけます。

継ぎ目をわざと開けたままに

するのも有効です。

ブルーシートがない場合は、

カーテンを留めてもいいですが、

すでにガラスが割れている

状態だと、布は破片で裂けて

しまう場合があるので、

注意してください。

応急処置の後は避難

暴風域にある間は、まともな

修理はできないとあきらめる

ことも大事です。

ガラスの割れた部屋はあきらめて、

別の部屋に避難して

やりすごすのが賢明です。

もしこの記事を読んでいる人の

家のガラスが割れていたら、

靴を履いて部屋に入って

応急処置、のちは別の部屋に

避難してください。

以上、台風で窓ガラスが

割れた時のライフハックでした。

ご安全に!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする