東出昌大の不倫を男性芸能人が擁護!女性は激怒!根本は男尊女卑

(出典 : https://www.asagei.com)

東出昌大さんの不倫騒動が

終わりません。

芸能界では、ここにきて

東出昌大さんを擁護する声が

上がって炎上、それに対する

反発がまた炎上を呼んでいます。

東出昌大さんを擁護するのは

どんな人たちなのか。

絶対許せないと糾弾するのは

どんな人たちなのか。

そこにある決定的な違いは

男尊女卑思想だと思います。

スポンサードリンク

東出昌大さんを擁護する男性芸能人

東出昌大さん不倫騒動が

過熱するのを見て、その

バッシングに異を唱えたり、

東出昌大さんを擁護する、

または、不倫そのものを

「悪いこと」と見なさない

発言が上がっています。

特徴は、そういう発言を

する人がほぼ男性である

ことです。

ツイッターには、怒りと

ともにリストまで上がって

いました。

国際政治学者の三浦瑠璃さん

だけが女性ですが、

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

「俳優さんが身を律して、

妻としかセックスはしては

いけないというスタンダードを

私達は置きたいんですか?」

と、「個の俳優対私たち全体」

の構図で意見を敷衍して果敢に

反論していますね。

しかし、三浦瑠璃さんはすでに、

元アナウンサーで現在は

弁護士の西脇亨輔さんから、

不倫報道に関して名誉棄損と

プライバシーの侵害があったと

訴えられており、渦中の人の

プライベートに首を突っ込んだ

実績?があります。

また、不倫全般に関ては、

婚姻関係の一夫一婦制を

批判するラディカルな

態度が一貫しています。

他の男性たちの意見は、

「他人が口をはさむものではない」

「批判していいのは杏さんだけ」

という、夫婦二人だけの

問題に縮小・限定しようと

いうものが多く、メディアの

報道を

「過剰に騒ぎすぎだ」

または

「バッシングは異常だ」と

位置付けています。

さらに、有吉弘行さんが言うように、

「ちょっと人が弱ると、急に

悪口言うやつ出てくるから驚く」

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

という、弱い者いじめ発言も

多いですが、弱っているのは

杏さんであり、不倫をした

東出昌大さんではないことを

取り違えているようです。

杏さんよりも東出昌大さん

方が「弱い者」という見方は

ありえません。

そして、中条きよしさんのように、

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

「不倫は1人の人と1回だけ

ならOK」

と、堂々開き直って不倫を肯定!

する人まで現れる始末。

1回ならいいと言いつつ、

3年も不倫を続けてきた

東出昌大さんを擁護すると

いうのは、論点がずれて

いますね。

また、上記リストにはありません

が、漫画家の小林よしのりさん

ように、不倫云々以前に、今回の

バッシング騒動自体が「異常だ」と

コメントする人も少なくありません。

(出典 : https://headlines.yahoo.co.jp)

不倫したことがそんなにも

叩かれるような行動なのか?」

という意見ですが、そういう

見方が不倫を肯定している

ことになるということに、

どうやら気づいていない

ようです。

「異常」というなら、妻の妊娠・

子育て中にすべて放り出して

未成年と3年も不倫した

東出昌大さんの結婚観・

家庭観こそが異常なのでは

ないでしょうか。

騒動が異常だと言う一見

「一般論」的な言い方は、実は

正論のふりをして、この社会では

不倫は糾弾するに値しないこと、

という悪しき「常識」を正当化

していることだと思います。

東出昌大さんに激怒する女性たち

バッシング騒動が長引く中、

東出昌大さんを擁護する

男性芸能人が現れていることに、

女性たちの怒りが増大しています。

激怒する女性たちを「異常だ」と

切り捨てる無神経さ、果ては

開き直って「不倫が悪いこと

なのか」とまで言う傲岸さは、

実は東出昌大さん不倫以前

から、世の女性たちを苦しめて

きた男性の身勝手さそのものです。

芸能界でも、アンミカさんや

三田友梨佳アナウンサー、

熊田曜子さんなどが「怒りの

コメント」を発して杏さんを

擁護しています。

(出典 : https://snjpn.net/archives/177687)

さらに世の女性たちが、

今回の不倫騒動に怒りの声を

上げている理由は、自分たち

女性が、東出昌大さんのような

身勝手な男性によって苦しめ

られてきた、ひとりひとりの

実体験から来ていると思います。

杏さん一人ではない。

私たちもひどい目に合っている。

だから東出昌大さんを非難し、

また、東出昌大さんを擁護

する男性たちに激怒している

のです。

女性たちは徹底して杏さん

立場を考えています。

妊娠出産という、いちばん

たいへんな時期に、夫が

3年間も不倫していたと

知って大きく傷ついた一人の

女性を擁護するために激怒

しているのです。

昭和の時代なら、

「浮気は男の甲斐性」

「女は黙って夫に仕えろ」

と言われて、女性が忍従して

いたことです。

しかし現在、女性たちは声を

上げているのです。男性の

身勝手に激怒し、それを

男性に投げかけているのです。

それに対し、

「そんなに悪いことか?」

とか、

「騒ぎすぎて異常」

とか、まだそのような寝言を

ほざく男性が次々と湧いて

出れば、女性の怒りはさらに

大きくなって当然です。

スポンサードリンク

本質は男尊女卑

不倫というものの見方に

これほどの男女差が生まれる

ことを、私たちはもっと

熟考するべきです。

「男は家庭を放り出して

外で遊んでもいい」。

「女は家庭で働け」。

こういう不公平で一方的な

「規範」があるからこそ、

擁護する男性と激怒する

女性に分かれるのです。

男性たちは不倫は大したこと

ではないと思っていますが、

女性たちは自分に限らず、

母や祖母の時代から延々と

続くこの国の女性蔑視に

悔しい思いをさせられてきた、

そのすべての怒りを今、

爆発させているのです。

私は個人的に、今回の

騒動を「妾(めかけ)文化」の

産物だと思っています。

結婚した男性が、妻以外の

女性とも関係を持ち、

経済的に援助したり、果ては

子どもをもうけたりする

ことを社会が承認している。

しかも、男性はおとがめなし

だが、女性は「妾」という

低い位置に置かれ、

子どもは「妾の子」と呼んで

差別する。

とどめに正妻は妾の存在を

知らされており、夫が妾の

ところへ通うことを容認

しなくてはならない。

今回の報道のずっと前から、

杏さん唐田えりかさん

存在を知っていたと言います。

そして東出昌大さん

「もう彼女とは会わない」

と約束したにもかかわらず、

唐田えりかさんと会い続けた

そうです。

これはもう東出昌大さん

妾を囲った気になっていた

のだと思います。

東出昌大さんの不倫問題は、

この国が長く続けてきた

女性蔑視に変化をもたらし、

女性が声を上げる、優位な

男性を糾弾するだけの力を

つけてきたことを表して

いるのでしょう。

先進国でありながら、

驚くほど最低なジェンダー

ギャップを抱えている

この国ならではの、

男性の甘え女性の怒り

見える、そんな展開を

この「事件」は迎えていると

思います。

以上、東出昌大さん不倫

騒動に見る、男女の意識の差に

ついてでした。

ではでは~

特にひどい!岡村隆史さんの

男尊女卑発言の経緯はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする