『世にも奇妙な物語』「コインランドリー」原作マンガが読める!デビュー作や新連載情報も

(出典 : https://shonenjumpplus.com

11月14日オンエアの

『世にも奇妙な物語 20

秋の特別編』でドラマ化された、

異色の短編『コインランドリー』

原作漫画と作者・鈴木祐斗

(すずき・ゆうと)さん

ついてクローズアップしたいと

思います。

スポンサードリンク

原作は『ロッカールーム』

『世にも奇妙な物語』では、

コインランドリーとなって

いますが、原作はロッカー

ルームの物語です。

うだつの上がらない青年が

不思議なロッカー

出会います。

それは願ったものがなんでも

出てくる魔法のロッカーでした。

青年の暮らしはその日から

変化していきます。

原作者は鈴木祐斗さん

漫画『ロッカールーム』

原作者は、鈴木祐斗さん

なんと、東京藝術大学日本画科

出身という経歴の持ち主で、

新人ながら確かな画力で魅せて

くれます。

2019年4月に

『少年ジャンプ+(プラス)』で

デビュー。

デビュー作『骸区(がらく)』

ついては↓下記にまとめてあります。

2019年に、今回のドラマの原作と

なった『ロッカールーム』を、

同じく『少年ジャンプ+(プラス)』に

掲載。

そして同年12月には、『少年ジャンプ

GIGA 2020 WINTER』に、

『SAKAMOTO-サカモト-』を発表

しました。

スポンサードリンク

原作マンガが読める!ボイスコミックもあり

『ロッカールーム』は、

『ジャンプ+(プラス)』に

掲載された異色作です。

現在は、『ジャンプ+(プラス)』の

公式サイトで読むことが可能です。

また、ボイスコミックも、あります。

【漫画】衝撃作『ロッカールーム』願えば欲しいモノが何でも出てくるコインロッカー。あなたならどう使いますか…?ジャンプ+『骸区』の鬼才鈴木祐斗再び…!【ジャンプ/ボイスコミック】

スポンサードリンク

デビュー作 『骸区(ガラク)』もすごい!

鈴木祐斗さんのデビュー作

『骸区(がらく)』は、なかなかに

渋く、毒のあるストーリーで引き

込まれます。

(出典 : https://shonenjumpplus.com

こちらもボイスコミックス

アップされています。

【漫画】ジジイが斬る!ジャンプ+で話題の衝撃作『骸区』(ガラク)【ジャンプ/ボイスコミック】

スポンサードリンク

新連載スタート!最新情報も

2019年の『SAKAMOTO-

サカモト-』を発展させたと

思われる、『SAKAMOTO

DAYS サカモトデイズ』が、

2020年11月21日発売の

『週刊少年ジャンプ』に

堂々新連載することになりました。

(出典 : https://shonenjumpplus.com

元・殺し屋の店長という設定を

見ると、鈴木祐斗さんの得意な

ブラックユーモアの世界が期待

できますね。

以上、『コインランドリー』原作の

漫画家・鈴木祐斗さんについてでした。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする