パリピ孔明が書籍化&発売日決定!三国志ファンも笑える!原作者・漫画家プロフと今後の展開予想

(出典 : 小川亮ツイッターより)

*******************

追) 『パリピ孔明』

書籍化&発売日決定!

4/8(水)発売!です!

本屋さんにゴー!

*******************

今、『パリピ孔明』という

漫画がツイッターで話題に

なっています。

講談社の漫画配信サイト・

コミックDAYSで新しい

エピソードが公開される

たびに、トレンドワード

入りする大人気ぶりで、

早くも単行本化が決定

しています。

そんな『パリピ孔明』とは

どんな物語なのか?

原作者と漫画家のプロフィール

紹介や、気になる今後の展開を

予想してみました。

スポンサードリンク

『パリピ孔明』とは?

『パリピ孔明』

タイトルからして反則級の

インパクトで笑わせてくれる

この作品は、コミックDAYSで

配信中のウェブ漫画で、2019年

12月31日から連載開始。

毎週火曜日の更新で、最初の週は

有料ですが、1週間後には無料

公開になります。

『三国志』で有名な、蜀の天才軍師・

諸葛亮孔明が終焉の地・五丈原で

死を迎えた・・・と思いきや、

若かりし頃の姿で現代日本の渋谷に

降臨、クラブのパリピたちの世界に

入り込んでしまうという、

奇想天外な設定がまずすごいです。

異世界転生物はあまたありますが、

諸葛亮孔明と渋谷を結び付けた

のは見事というか、いやいや、

ネタとしては面白いけど、

出オチしないかソレ?と、思わず

本編を読んでしまいます。

パリピが集まるクラブで

諸葛亮孔明は、まだ芽の出て

ない歌手・月見英子ことEIKOに

出会い、その歌に運命を感じます。

そしてEIKOを「主」と定め、

「軍師」として彼女を盛り立てて

いくことをこの世界での使命と

するのです。

歌手と言ってもまだまだ

普通の女の子な英子と、

まったく素のままの諸葛亮孔明

掛け合いが非常にずれてて

面白いのですが、

英子をプロデュースしている

社長が実は『三国志』マニアで、

孔明とやたら話が合うのも

面白いところです。

三国志ファンも笑える!

大きなクラブで歌うチャンスを

つかんだ英子ですが、その出番は、

超有名歌手の裏で、客はみんな

そちらへ流れてしまうため、

とても集客は見込めないと

落ち込みます。

しかし、諸葛亮孔明は、とある

計略を立てて、客を取り込むことに

成功します。

それは『三国志』の計略の中でも

特にミステリアスで魔術的な策の

「石兵八陣(せきへいはちじん)」。

このチョイスがツボすぎて、

『三国志』ファンが泣いて喜ぶ

というしかけ。

読み手もすっかり諸葛亮孔明

計略にハマってしまうのです。

諸葛亮孔明のキャラが誇張され

たり、パロディ化されたりして

いないのに、ここまで面白いとは、

『パリピ孔明』恐るべし!です。

もちろん、『三国志』を知らなく

ても十分面白いですが、

『三国志』のファンにはたまらん

漫画が爆誕したと言えます。

スポンサードリンク

ツイッターの反応

ツイッターでは、毎週の更新の

たびにトレンドワード入りする

ほどの反響が起きています。

もうタイトルだけでも面白い

というか、ネーミングのうまさに

思わず引き込まれてしまう人が

続出です。

『パリピ孔明』の魅力は、

ギャグ漫画でありながら、

諸葛亮孔明の描かれ方が

意外としっかりしている点

でしょう。諸葛亮孔明ファンの

期待を裏切らない描き方に

注目している人も多いです。

さらに、転生物という点では、

こんな意見も。

確かに『ヒカルの碁』に

似てなくもない!

「上品で賢い」キャラが

ぶれてないのがいいのです。

スポンサードリンク

原作者・四葉夕卜のプロフィール

原作担当の四葉夕卜

(よつばゆうと)さんは、

小説投稿サイト「カクヨム」

小説を発表している方です。

転生ものと、異世界ものと

いうことで、王道の設定が

お好きなようです。

プロフィール欄には、

「基本ハッピーエンドです」

「主人公が頑張るベタな話が

好きな方には気に入って

いただけるかと思います!」

とあり、読んでて気分の良く

なる物語を書く人とお見受け

します。

スポンサードリンク

漫画家・小川亮のプロフィール

漫画担当の小川亮

(おがわ・りょう)さんは、

『パリピ孔明』以前にも、

コミックDAYSに『私人警察』

という作品を連載、全3巻が

単行本化されています。

妻子をストーカーに殺された

元警察官の主人公が、

ストーカー逮捕のために

手段を選ばず立ち向かう

というアクションものです。

それ以前にも、『赤橙』という

作品が講談社の漫画ボックス

コミックスから、こちらも全3巻、

単行本で発売されています。

こちらもアクションものの

ようですが、主人公は

おきて破りのアンチヒーロー

という設定で、予想外の展開が

次々と起こる異色の作品の

ようです。

小川亮さんの確かな画力は

アクション漫画の世界で

培われたもののようですね。

スポンサードリンク

今後の展開を予想

『パリピ孔明』はまだ始まった

ばかりですが、今後の展開が

早くも気になるところです。

異世界転生で主人公がチート

なのはお約束ですが、

諸葛亮孔明は元からチート

キャラなので、その点は

ぶれずに進むのではないかと

思います。

また、原作者・四葉夕卜さんが

「基本ハッピーエンドです」と

言っていることからも、悲しい

結末は来ないでしょう。

とすると、諸葛亮孔明

あくまでも頼りになる軍師と

して英子を支え続け、渋谷の

パリピの世界に案外なじんで

いくのではないかと思われます。

夢を追ってがんばる主人公を、

あの諸葛亮孔明が全力で

支えてくれるなんて、

なかなかときめくものが

ありますね。

そんなときめきが、

『パリピ孔明』の最大の魅力

なのではないでしょうか。

そして、今のところは、

パリピの世界を観察している

諸葛亮孔明ですが、いつか

自身がパリピになる日が来るの

でしょうか。

冷静沈着な諸葛亮孔明が、

はっちゃけてしまう姿はちょっと

想像がつきませんが、

諸葛亮孔明にだって楽しめる

時間があってほしいもの。

しかし、唯一の気がかりは、

諸葛亮孔明が病弱であることです。

無理をして倒れてしまうのでは

ないかと、今から心配になる

「運命」の一つではないでしょうか。

『パリピ孔明』、目の離せない

漫画です。

ではでは~

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする