ごみの中から現金1千万円!見つけた人のもの?遺品整理でタンス預金の発見も

(出典 : https://www.sankei.com)

2月12日、愛知県豊田市の

市営ごみ処理施設で、

ごみの中から1127万円もの

紙幣が見つかりました。

職員が作業中に発見し、

市が警察署に届けました。

近年、今回のようにごみの

中から大量の現金が見つかる

ことが多いといいます。

拾われたお金は、警察が保管し、

遺失物として公表された

次の日から数えて3か月たっても

所有者が現れなかった場合は、

拾った人のものになります。

しかしそうした現金は、

発見した職員、届け出た市、

施設の運営会社のうち、

誰のものになるのでしょうか。

また、遺品整理や粗大ごみ

回収を行なう民間業者も、

ごみの中から現金を発見する

ことが多いそうです。

この場合は、誰のものになる

のでしょうか。

スポンサードリンク

ごみの中から現金 誰のもの?

基本的に「落とし物」の

現金は、警察に届けることに

なります。

ネコババした場合は遺失物等

横領罪になるので必ず届け

ましょう。

警察に届けると、

落とし物を拾った人には

3つの権利が生まれます。

1.費用請求権

警察に届ける際などに

かかった交通費などを

請求する権利

2.報労金請求権

持ち主が見つかった場合に

「お礼」として5~20%

相当をもらう権利

3.所有権取得権

公表の翌日から3か月が

たっても持ち主が

見つからなかった場合に、

落とし物をもらえる権利

ごみ処理施設で発見された現金は、

所有者が見つからない場合、

施設を運営する市が「雑収入」と

してもらい受けることになります。

また、運営者が事業組合で、

組合が受け取った例や、

民間の粗大ごみ処分業者が

受け取ることもあるそうです。

見つけた職員さん個人のもの

にはならないんですね。

ちょっと残念かもしれません。

しかしそこは人間のすることで、

1000万円を拾ったと届けた

廃棄物処理場の従業員が、

実は2000万円を拾っていて、

半分をネコババしていたため、

窃盗容疑で逮捕された例も

あります。

急増する「ごみの中の現金」

ごみの中から現金が出てくる

という事件は、近年急増して

いるといいます。

(出典 : https://www.bengo4.com)

群馬で4,200万円、石川で

2,000万円、富山で1,700万円

にわかには信じがたい金額

ですが、この数年で実際に

ごみから出てきた現金の金額です。

しかも、年に何度も発見される

こともまれではないというので、

集計すれば億単位、日本全体では

数兆円もの現金が捨てられています。

特に多いのは、粗大ごみとして

処分場に持ち込まれたタンス

などから大金が出てくるケースです。

これも、誰が持ち込んだタンス

なのかを特定することが難しく、

市や運営会社のものになる

ことが多いようです。

粗大ごみを出すときは、

念入りに確認した方がいいですね。

スポンサードリンク

遺品整理で出てくる親のタンス預金

(出典 : https://www.sankei.com)

さらに現代を象徴するのが、

親の遺品整理で出てくる

タンス預金です。

特に、親の自宅の片づけを

民間の遺品整理業者や

不用品回収業者に任せた時に、

子どもの知らない大金が

出てくることが多いのだ

そうです。

文字どおり、タンスから

出てくるほかにも、

お菓子の空き箱に1万円札が

ぎっしりとか、本の間に

挟まれていたりとか、

畳の下、天井裏、冷蔵庫の中、

果ては招き猫の置物の中から

なんてケースもあるとか。

高齢の親が、こどもにも内緒で

1千万単位の現金を隠している

なんてことはザラなのだそうです。

また、そうした計画的な

タンス預金でなくとも、

ごみ屋敷のごみを片付けたら

ごみの隙間からお金が出てくる

という、ルーズなものもあります。

そうしたお金はもちろん

依頼主に渡すことになりますが、

中にはネコババしてしまう

業者もあるので、業者任せにせず、

せめて立ち合いのもとに片づける

などの予防は必要でしょう。

ごみの中から1千万・・・

一度でいいから拾ってみたい

ものですね。

以上、ごみの中から出てきた

現金と、その行方についてでした。

ではでは~

ごみの中から現金

1千万円!

持ち主どうやって

特定したの?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする